トップページへ

印傳屋 名刺入れ 「かぐわ」8412 [ 1809-2842 ] 【楽ギフ_のし】【伝統工芸・母の日・敬老の日・誕生日・ギフト・プレゼント・贈り物・山梨・人気・日本製・ステーショナリー・仕事・甲州印伝・漆・鹿革・女物・女性・レディース・めいし・黒・ピンク・ばら・薔薇】

   

 


 

 


印伝の老舗「印傳屋・上原勇七」の名刺入れです。

黒の鹿革地に、ピンクと白の漆を2度付けして描かれた、愛らしい薔薇柄の『かぐわ』。

ほどよいマチが付いた使いやすい名刺入れ。

かぶせ蓋を開ければ、蓋裏に1つとメインのポケットが1つ・手前に1つ、計3つあります。

一番大きなポケットには、約30枚程度の名刺やカードが入れれます。

華やかで愛らしい柄行は、お祝い・お祝い返し・母の日・誕生日のギフトとしておススメです。

※革は染色の度に色調が多少異なる場合があります。

※可能な限り実物と同じ色になるよう写真を調整しておりますが、パソコン環境やモニターにより色味や質感が若干異なることがあります。

ご了承ください。

■素材 : 本体/鹿革 柄付け/漆 ■配色 : 【かぐわ】黒地にピンク・白の薔薇 ■サイズ : 7.0cm × 11.0cm × 1.3cm ■仕様 : 名刺ポケット×1 ポケット×2 脇にマチ付き ■ : 日本製古くは奈良時代にも遡ると言われる印伝の技法は戦国時代には兜や鎧等の武具に用いられ、江戸時代になると巾着・財布・煙草入れなど実用と装飾を兼ね備えた粋な小物として愛好されました。

鹿革に漆で柄付けする独自の技法で甲州印伝のブランドを確立した上原勇七の流れを汲む印傳屋・上原勇七(現13代)の商品をご紹介いたします。

オススメする理由は・・・・ 鹿革の持つ丈夫でしなやかで、尚且つ軽い特性。

永くご愛用頂ける素材を厳選して用いています。

柄付けには2つの技法があり、その一つは「漆」 独特の光沢、膜面の強さ、防水性とすぐれた性質を持ちます。

鹿革の上に型紙(手彫り抜きされた和紙)を重ね、その上からヘラを横にすり込むように動かします。

この漆の浸透した鹿革を、地下のムロで2日以上ねかせると、漆が乾燥し、型くずれせず、カブれない硬質な漆柄が仕上がるのです。

その為、手に馴染み、滑りにくい使い勝手の良い表面に仕上がります。

また、柄のモチーフは昔から自然や四季の美しさに敏感だった日本人の美意識が生み出した造形美である「小桜」「菖蒲」「青海波」「トンボ」など、現代でも色褪せない輝きを持っています。

もう一つは「燻(ふすべ)」 この技法は印伝のルーツとも言われ、藁を焼き、その煙で燻して(ふすべて)、鹿革に色を付けるという技法で、いぶし方によって黄褐色から褐色に染まります。

印傳屋では、熟練の職人だけがこの技を駆使することができ、今も昔ながらの方法で作られています。

これらの伝統技法に裏付けられた袋物・小物達は、和装時のみならず普段の暮らしの中でも和のテイストを楽しんでいただける脇役として重宝頂けます。

その中から今回ご紹介する商品は、 黒地にピンクと白の漆で2度漆付けした「かぐわ」シリーズ<BR> 1色の漆付けのタイプとはまた違った魅力を放っています。

  • 商品価格:7,344円
  • レビュー件数:0件
  • レビュー平均:0.0(5点満点)

楽天で購入

トップページへ

関連ツイート


TOP